読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Icecream Headache

by dummy run

秋田県大館市「珈琲3」

雪に覆われた里山の中を走る列車はさぞかし趣きのあるものだろうと思い、正月休みの中1泊2日で花輪線に乗ってきた。花輪線岩手県盛岡市好摩駅)と秋田県大館市を結ぶ路線で、奥羽山脈を横切る形になっている。線路の途中には安比高原のようなスキー場もあるし、冬場は雪深い地域、大雪で遅れたとしてもそれすらワクワクするのではないか、なんて思いながら向かったわけだ。

が、今年は暖冬にも程があるだろうというくらいに雪が無く、空も雲ひとつないほどの晴天に恵まれた。いや、望んでないから「恵まれた」はおかしいが。旅行としてはこれ以上ないくらいにいい天気だったが、私の目的は「雪」だったので残念極まりない。自分の生活環境に雪はいらないが、豪雪地帯への旅だったら雪はそれなりに欲しい。

大館に到着。大館にはずっと気になっていた喫茶店があった。店の名前は「珈琲3」。「こーひーさん」と読む。看板では「さん」は「SUN」と当て字されていたりする。

f:id:dummyrun:20160106181322j:plain

大館には「秋田比内や」という比内地鶏の親子丼で有名なお店の旗艦店があって何度か食べてるが、その店の裏側の路地の路地にひっそりとあるのが「珈琲3」。駐車場から出て帰るときにその看板を見かけては気になっていたのだ。

帰る前にその店に寄ってみようと向かったのは1月4日午前10時。営業時間が分からなかったのでやってるかどうか不安だったが看板はクルクル回ってるし「営業中」の札はかかっていたのでひと安心して中へ。

「いらっしゃいませー」と新聞を読んでいたマスターに迎えられる。お客さんは正月だし午前中だしってこともあってか誰もいない。カウンターの端に座り、なんとなくカフェオレを注文。

f:id:dummyrun:20160107164724j:plain

「お仕事ですか?」とマスターから聞かれたのをきっかけに、そしてお客さんが来ないことをいいことになんか色々と話した。「珈琲3」は営業を始めてから34年目。家にいてもやることないし、帰省した人が来たりもするので、正月期間中でも営業していたらしい。

で、入店してからずっと感じていた違和感。この喫茶店、そんなに広くはないにも関わらず店内にはなぜかパソコン機器が多い。その理由を訊ねると、このマスターは空いた時間を使って大館市ポータルサイトを運営していた。それがこちら。

大館市地域情報サイト portal site さがそう!おおだて

これ、プロバイダとかが運営しているサイトじゃないですからね、いち個人が運営しているサイトだからね。

10年近くやっているというこちらのポータルサイトは、市や市民から提供される情報に加え、自分でカメラを持って取材に出ることもあり、各種報道機関から地元情報を求められることもあるんだとか。すごいな。

私もこういうのやってるんですよ、と別のところで運営しているたぬきケーキを集めたサイトを教えたところ、「じゃあリンク貼りますよ!」と目の前でその作業を始めるマスター。更新方法はメモ帳にHTML手打ちからのFFFTPでアップロード。HTML手打ちですか!と驚いていると「いやぁ、私にやり方教えてくれた人がこう教えたもので、これしかやり方知らないんですよ」とのこと。マスター、正解。それが一番いいやり方だ。コピペを駆使して手慣れた感じで更新されるサイト。リンクありがとうございます、マスター。

 

他にお客さんが全然来ないのをいいことに1時間以上居座ってしまったがとても居心地のいい喫茶店だった。絶対また行こうと思う。人生、たまに面白い出会いがあったりするから捨てたもんじゃない。

 

ちなみにぐるなびでの珈琲3のページはこちら。うん、情報がない。

 

お題的には「行ってみたいお店」というよりは「行ってみたくて実際に行った店」だったね。

 

「行ってみたいお店・レストラン」by みんなのごはん
http://blog.hatena.ne.jp/-/campaign/gnavi201512