読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Icecream Headache

by dummy run

映画「野生のなまはげ」を見てきた

映画 秋田県大館市

yaseino-namahage.com

 

秋田県大館市に「御成座」という映画館がある。どういう映画館かは公式サイトウィキペディアを見てもらうとして割愛。問題は今回その映画館で見た「野生のなまはげ」という映画についてだ。


映画「野生のなまはげ」予告編 第一弾 A Wild Namahage trailer #1

予告を見てもらうと分かりますが、ストーリーをざっと言うと、ひょんなことから「野生のなまはげ」を家で飼うことになった少年の話、ということになります。ざっと言い過ぎですが。

前々から見たかったこの映画、漸く見に行けたんですが、やばいくらいよくて。

基本的なストーリーはパンフレットにも書いてあったけど「隠れペットもの(E.T.のび太の恐竜みたいに子供が隠れて変わったペットを飼う)」で、正直このフォーマット自体はものすごいありそう。でも「なまはげ」をペットにしたことで「いやいや中身人間でしょ?」と誰もが突っ込まざるを得ない点がギャグになってるのが面白かった。鳴き声それなの?その歯でハムとか食えるの?ミノは脱いでいいの?そもそも序盤で説明される「野生じゃないなまはげ」なんかは、もし第二弾作ることがあったら是非とも登場して欲しいくらい。

コメディ映画の難しいのは、見る側と笑いのツボが合うかどうかだと思うけど、この映画は自分のツボと結構合っててよかった。教授のアクの強さや繰り返し芸、割りとガチな拷問の数々、最後に少年のピンチを救った手段などなど。見終わってから気付いたのはこの辺りのギャグの感じは結構「裸の銃を持つ男」みたいだった。あれ爆笑できる人はこの映画もハマるかもしれない。

何はともあれほんとよかったんですよ。パンフレット買ったくらいだし。現時点で東京での公開は終了したっぽいけど、他ではこれからのところもあるので、是非ともお友達を誘って見て欲しい。